名古屋市 整形外科では腰痛の原因がわからない理由

名古屋市で整形外科では腰痛が治らず

困っているあなたへ

こんにちは。

整形外科で治らないと言われた腰痛を

諦めない整体師の伊藤です。

 

あなたはおそらく

整形外科に何度通っても腰痛が

改善しないからこのブログを読んでると思います。

 

そして、整形外科で腰痛が治らなかったら

どうしたらいいのかと困っていると思います。

 

私も、かつて腰痛で苦しみ

整形外科を頼っていったら

治らないと直接医者から言われた経験があるので

その気持ちよくわかります。

 

医者で治らないならどうしたらいいのか?

 

そう思ってとても怖くなりました。

 

もうこの腰痛は治らないんじゃないか?

 

そういう不安が襲ってきました。

 

でも今ならそんな気持ちにはなりません。

 

なぜなら整形外科で腰痛が治らない

理由がよくかわかったからです。

 

その理由を今日はお伝えします。

 

これを聞いて、

整形外科で治らない腰痛で

困っているあなたの助けになればと思っています。

 

では整形外科で腰痛が治らない理油とはなんなのか?

 

実はその答えはとても簡単で、

単純に

 

「骨には原因がない」

 

ただそれだけなんです。

 

腰痛で整形外科へ行くと

レントゲンを撮ると思います。

 

そして、医者はレントゲンに写った

 

「骨」

 

を見て診断します。

 

そして、

 

「骨には異常がありません。

痛み止めと湿布で様子を見ましょう」

 

というのです。

 

ほとんどの患者さんと同じように

医者がそういうなら大丈夫だろう

と漠然と思っていたはずです。

 

しかし様子を見ていてもよくならない。

 

だから今困っていると思うのですが、

ここにあなたの腰痛が整形外科で治らない

ポイントがあったのです。

 

それは、

 

整形外科医は骨しか見ていない

 

ということです。

 

つまり、もしあなたの腰痛が

レントゲンに写った骨以外にあったら

整形外科医にはその原因が

判断できないということなんです。

 

骨に異常がなければ

様子を見てください

としか言えないということです。

 

これでもうお分かりかと思いますが、

あなたの腰痛は骨に原因がないだけで

他にあるわけです。

 

でもその骨以外の原因は

整形外科医ではわからないという

現実があるんですね。

 

それを知らずにいつまでも

痛み止めで痛みをごまかしていると

 

いつの間にかどうにもならない

慢性的な腰痛となってしまうんです。

 

じゃあそうなる前に、

整形外科医にはわからない

腰痛の原因はなんなのか知りたくありませんか?

 

その本当の原因は

こちらで説明しています。

本当の腰痛の原因とは?

名古屋市 なぜ整形外科で腰痛が治らないのか?

名古屋市で整形外科では腰痛が治らず

困っているあなたへ

 

こんにちは。

 

整形外科で治らないと言われた腰痛を

諦めない整体師の伊藤です。

 

最近患者さんからよく言われることが、

 

「医者は治るとはっきり言わない」

「手術も治すためのものじゃなくて、

今より悪くしないためと言われた」

「痺れは手術しても治らないと言われた」

 

こんな悩みを持って来院される方が多いです。

 

私も、腰の骨を折った時に

もう治らないと言われたので

同じような経験をしています。

 

医者なら治せると思っていたのに

実はそうではなかったんですね。

 

それもそのはず。

 

よくよく考えてみたら

あなたの痛いのは『腰』ですよね。

 

でも整形外科医が見ているのは

『骨』なんです。

 

腰が痛いと言っているのに

背骨を見ているんです。

 

あなたが痛がっている場所も

しっかりと確認もせず

 

腰が痛いからというだけで

レントゲンを撮って

骨だけ見ている。

 

そりゃ治らないですよ。

 

もし骨が腰痛の原因ではなかったら

整形外科医ではわからないということですよね。

 

そのわからない原因に対して、

 

「痛み止め」

 

という、ただ痛みを紛らわすだけの

対処療法をしていたら

 

いつまでたっても痛みの

根本原因は改善されず

 

むしろその根本原因は

体に蓄積されていくことになります。

 

ですので、

これ以上あなたの体に

根本原因が蓄積されていかないように

 

整形外科ではわからない

根本原因を治していく必要があるんです。

 

ではその根本原因とはなんなのか?

 

続きはこちらから。

今すぐ腰痛の根本原因をたしかめる

 

腰痛を手術せずに治す方法

整形外科で治らないと言われた腰痛を

諦めない整体師の伊藤です。

 

手術を自ら望む人なんていませんよね。

ほとんどの方は手術をしないで

腰痛を治したいはずです。

 

しかし、腰痛で整形外科に通っていても

一向に腰痛が改善しない時に

医者の口から出る言葉は

 

「そろそろ手術を考えましょう」

 

という言葉です。

 

痛み止めも効かない

ブロック注射もダメ

座薬を使えば多少いいけど、

胃が荒れてくる、、、

 

このままではよくないからということで

手術を提案されます。

 

でもここで、腰痛のあなたは

こんな質問をするはずです。

 

「手術をしたら腰痛が治りますか?」

 

当然、医者にこうやって確認しますよね。

 

その時、医者の返事は

 

「やってみないと、、、」

「これ以上悪くしないための予防的な手術です」

「痛みは取れやすいけど、痺れは難しいです」

 

こういったはっきりしない言葉が

返ってくるんです。

 

手術を提案されている側としては

治るから手術を提案されていると

思っているのに、

 

医者からの返事は

治るとは一切言わないんです。

 

実はこれには訳がありました。

 

それは、

 

「85%の腰痛は原因不明」

 

という事実があるんです。

 

これは整形外科医も監修している
「腰痛診療ガイドライン」

 

という本に書かれています。
41gMSOQ2biL._SX352_BO1,204,203,200_

つまり、

痛み止めもダメ、

ブロック注射もダメ

といったように、

 

手術以外の方法を試したけど

もう打つ手がないから

最終的に手術を提案されるんです。

 

確実に手術が必要で

手術をしなければいけないなら

そうやって説明されるはず。

 

でも現実には

 

「あと、残された方法は手術です。」

「どうされますか?」

 

と選択を迫れるということです。

 

でも安心してください。

 

ここで重要なポイントは、

整形外科でわかることには限りがある

ということです。

 

なぜなら、整形外科でわかることは

腰痛が腰の骨や神経からきているのかどうか

ということだけなんです。

 

逆に言うと、

腰の骨や神経が腰痛の原因でなければ

整形外科では腰痛の原因を見つけられないということです。

 

つまり、

腰の骨や神経が腰痛の原因でなければ

整形外科では治せないということ。

 

そんな時は私の出番です!!

 

整形外科では

腰が痛いと言っているのに

腰の骨や神経を見ています。

 

つまり痛いところは見ていないのです。

 

それでは腰痛の原因も

わからないことが多くて当然です。

 

ですので、

当院では骨や神経ではなく

あなたの「腰痛」を

しっかりと診ていきます。

 

骨や神経以外に

腰痛の原因となるものが

実は存在しているのです。

 

腰痛の本当の原因を見つけ出し

手術をせずに腰痛を治す方法を

実際に試してみませんか?

 

整体は手術のように、

メスを入れる訳でもないので

整体を受けることによる

リスクもない訳です。

 

ぜひ一度ご相談ください。

 

あなたの腰痛の本当の原因を

探し出します。

ご予約はこちらから

 

37 / 37« 先頭...102030...3334353637