腰部脊柱管狭窄症

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

脊柱管とは脊髄が通る背骨のトンネルです。年齢を重ねると、椎骨や椎間板が変形したり、黄色靭帯が厚くなったりして、このトンネルの穴が狭くなります。それによって神経が圧迫され、痛みがしょうじるものが腰部脊柱管狭窄症です。

背骨の病気や、過度の負担などによって生じることもありますが、加齢による変形の影響も大きいため、中高年に発症することが多い病気です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くない場合も少なくはありません。背筋を伸ばして立ったり、歩いたりすると下肢に痛みや痺れが出てきて歩きづらくなり、少し前屈みになったり、座ったりするとしびれや痛みが軽くなるのが特徴です。

長い距離を歩くことができず、歩行と休みを繰り返す間欠性跛行も典型的な症状です。

筋、筋膜の調整や体幹の筋力アップなどで変形の改善を促します。

しかし注意点として、歩行障害が進行して排尿障害が出てしまった場合は手術を検討しなくてはなりません。

そこまで酷くなる前にほっとかず、ご相談くださいませ。