腰部脊柱管狭窄症

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

脊柱管とは脊髄が通る背骨のトンネルです。年齢を重ねると、椎骨や椎間板が変形したり、黄色靭帯が厚くなったりして、このトンネルの穴が狭くなります。それによって神経が圧迫され、痛みがしょうじるものが腰部脊柱管狭窄症です。

背骨の病気や、過度の負担などによって生じることもありますが、加齢による変形の影響も大きいため、中高年に発症することが多い病気です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くない場合も少なくはありません。背筋を伸ばして立ったり、歩いたりすると下肢に痛みや痺れが出てきて歩きづらくなり、少し前屈みになったり、座ったりするとしびれや痛みが軽くなるのが特徴です。

長い距離を歩くことができず、歩行と休みを繰り返す間欠性跛行も典型的な症状です。

筋、筋膜の調整や体幹の筋力アップなどで変形の改善を促します。

しかし注意点として、歩行障害が進行して排尿障害が出てしまった場合は手術を検討しなくてはなりません。

そこまで酷くなる前にほっとかず、ご相談くださいませ。

腰椎変性すべり症

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

腰椎変性すべり症について

 

個々の椎体をつなげている部分が分離してすべってしまうのが分離すべり症というのに対して、分離ではなく椎体同士の間にある椎間や椎間関節が老化などにより変性してずれたものを変性すべり症と呼びます。

腰椎変性すべり症は、加齢や姿勢などの生活習慣が主な原因となりますから、中高年に多く見られます。

腰が曲がっている高齢者の中にも腰椎変性すべり症の方が多くいます。

腰椎には、馬場神経が入った硬膜管が通る脊柱管があります。腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬場神経が圧迫されて腰痛の症状が現れます。

長時間立ってたり歩いたりしているとお尻や太ももがいたくなって歩けなくなるのが特徴です。少ししゃがんで休むとまた歩けるようになるというのが症状の特徴です。

すべってしまった椎体は何が原因なのか、体幹のインナーマッスルや骨盤の歪み、背骨周りの筋肉バランスなど人によって様々です。手術をする前に必ずご相談下さい。改善する方法があるはずです。

 

腰椎分離症、腰椎分離すべり症

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

腰椎分離症とは、脊椎を構成している椎骨の後ろにある椎弓の関節突起間部といわれる結合部で、本来繋がっている背骨の連続が絶たれて分離しているため腰痛を引き起こす病気です。

分離症を放置すると、分離した骨が前方に移動することもあり、これを腰椎分離すべり症といいます。

すべりがひどくなると下肢に痛みや痺れを生じることもあります。骨の変形で椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに繋がることもあります。

腰椎分離症、腰椎分離すべり症はスポーツを行う子どもや若者に比較的多く見られます。運動する時に痛くても普段は痛みがない事が多いため放置されがちですが、早い段階で治療できれば骨が癒合する事もじゅうぶん期待できます。

成長期は組織が弱く傷つきやすいのに対し、中年期以降は組織の老化や劣化が原因となり慢性に進みやすいです。

椎骨が前に出ることによって脊柱管が狭くなり、腰部脊柱管狭窄症を合併しやすくなります。

腰椎椎間板ヘルニア

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

椎間板の弾力性がなくなって組織に亀裂が生じたりして、中にある髄核が外に押し出された状態を椎間板ヘルニアといいます。

飛び出した髄核が神経を圧迫することで、下肢の痛みや痺れが生じます。症状が進行すると足に力が入りにくくなったり、動きにくくなってつまずいたりすることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアは、神経根を脊柱管の後ろに押し付ける神経根圧排型と、ヘルニアだけでなく狭くなった脊柱管や靭帯が神経を前後から圧迫する神経根絞扼型に分けられます。

症状はヘルニアが発生する場所によっても異なり、まれに、馬場神経と呼ばれる腰部にある神経が強く圧迫されると、排尿、排便障害が起こり手術が必要となります。

腰椎椎間板症も腰椎椎間板ヘルニアも椎間の狭小を防ぐ事で予防になりますし、治療できます。その原因が筋肉なのか靭帯なのかそれとも椎間板の水分が無くなってしまっているのか見極める事がすごく重要です。

腰椎椎間板症

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

今回は腰椎椎間板症という症状についてお話ししようと思います。

背骨は椎骨と、その間にある椎間板とが積み重なってできています。椎間板の中央には髄核というゼラチン状の弾力性に富む部分があり、これが背骨にかかる衝撃を吸収、分散する役割をはたしています。

しかし、年齢と共に髄核の水分は失われやすく、弾力性がなくなると背骨にかかる衝撃を吸収できず、髄核が押し潰されて腰に負担がかかり、腰痛を引き起こすことがあります。

これを腰椎椎間板症といいます。

押しつぶされた髄核が外に飛び出した状態を椎間板ヘルニアといいます。腰椎椎間板症は、ヘルニアの前段階ともいえます。

腰に負担をかける生活が続けば、椎間板ヘルニアへと症状が悪化する可能性があるでしょう。

MRIやCTなどの画像検査で髄核が変形していれば、腰椎椎間板症と診断されると思います。基本的には長時間同じ姿勢をとるような椎間板への負担を避ける事が大事です。

また椎骨の周りにある体幹の筋肉の柔軟性や筋力を強化することで予防もできます。

ぎっくり腰(急性腰痛)

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動・サプリ】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

ぎっくり腰とは、急性腰痛の総称で、西洋では魔女の一撃などと例えられています。激しい運動や久しぶりの運動で生じるというわけではなく、不自然な姿勢や、重いものをもちあげようとした、靴下を履こうとしてかがんだなど、日常の何気ない動作から生じることもあります。生活の中で少しずつ腰に負担がかかった結果起こるともいえます。

これまでぎっくり腰に対しては、しばらく安静にすべきというのが一般的な考えでした。しかし、必要以上の安静はかえって回復を遅らせることが明らかとなってきました。

少なくとも軽いぎっくり腰の場合には歩いたりの軽い運動をすることで血行が促進し、患部の修復が早くなる可能性もあります。

急性腰痛は必要な痛み対策を行いながらも、できるだけ早くから通常の活動性を維持するのが早期回復のコツです。

画像では原因がわからない腰痛

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動・サプリ】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

症状や診察の所見、画像所見(MRI.CT.X線)などから腰痛の原因と部位が特定できる腰痛を特異的腰痛、特定できない腰痛を非特異的腰痛といいます。

非特異的腰痛は全腰痛の80%をしめるという報告があり、腰痛の大半が原因がよくわからないと思っている人も少なくありません。

非特異的腰痛が問題となりますが、近年は椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛、筋筋膜性腰痛、棘突起インピンジメント障害、ぎっくり腰、脊柱変形による腰痛などの病態がより明らかにされつつあり、治療法や施術方法も多くなされてきています。

腰痛の専門家としては、機能的腰部障害の鑑別を行い、各ゞに対し、椅子の座り方、洗面の仕方、歩き方など日常生活の動きや姿勢を細かく指導していきます。

時間はかかりますが、こうした意識の積み重ねはとても大事です。

腰痛と鑑別すべき怖い病気

健康(腰痛)情報を整体師が発信

【腰痛・痺れ・栄養・運動・サプリ】

名古屋市唯一の腰痛整体院飛翔

院長の伊藤です。

from  名古屋駅の整体院より

 

前回お話しした腰痛と鑑別すべき怖い病気6つ紹介しましたが、これらの症状を今回お伝えしていこうと思います。

悪性腫瘍(がん)・・・脊椎や脊髄、馬尾神経などにがんができると、がん細胞によって正常な細胞がはかいされて脊髄や神経が圧迫され、激しい痛みがおこる。

脊椎感染症・・・脊椎が黄色ブドウ球菌などに感染して起こる「化膿性脊椎炎」や結核菌に感染して起こる「脊椎カリエス」などがある。

圧迫骨折・・・脊椎がぐしゃっとつぶれるようになる骨折。

解離性大動脈瘤・・・動脈の一部がこぶのようにふくらんでいるものを動脈瘤といい、動脈瘤の血管の壁からはがれた血栓がながれて足の動脈をふさぐと足にしびれや痛みが出ます。

馬尾症候群・・・馬尾という脊髄神経根の束が圧迫されて起こる痛みやしびれ、麻痺などの神経症状を総称して馬尾症候群といいます。特に脊椎破裂骨折などが原因で馬尾症候群が急に発症した場合には長時間経過すると神経症状が回復しないため、緊急手術が必要となります。

強直性脊椎炎・・・首から背中、腰にかけて、あるいは手足の関節の痛みやこわばりではじまり、これらの部位がしだいに動かなくなる慢性の病気です。

こういった病気でも腰に痛みが出ますので皆さん頭の片隅には置いておいて損はありません!

いざという時の知識にしましょう!

腰痛における怖い病気との鑑別

名古屋の腰痛専門 整体院飛翔の伊藤です!

ブログをご覧頂きありがとうございます!

 

今回は腰痛に似た痛みまたは腰痛を発症する病気で危険な症例を紹介していければと思います。

まず、腰の痛みを抱える人は多く、約2800万人といわれます。腰痛といっても、その痛みの原因はさまざまです。その腰痛の中でも命にかかわる怖い病気があります。

1、悪性腫瘍(がん)

2、脊椎感染症

3、圧迫骨折

4、解離性大動脈瘤

5、馬尾症候群

6、強直性脊椎炎

などがあります。

ヨーロッパの腰痛ガイドラインではこれらの重大な疾患をレッドフラッグと呼び、危険な腰痛として認められています。

今まで経験したことのない痛み

痛みが3ヶ月以上続き、時間が経つほどに痛みが強くなる

安静にしていてもどんな姿勢でも激痛が走る

などはすぐに医療機関へ受診してください。

何事も我慢は体に良くありません。

もしどこに行けばわからない場合は私に聞いて頂ければと思います!

呼吸って大事

名古屋の腰痛専門 整体院飛翔の伊藤領祐です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

突然ですが皆さん呼吸ってしてますか?

 

してない人は死んでしまいますからね笑

 

自分の意識無しでやれていると思います。

 

この呼吸は大きく2種類あって、

胸式呼吸

腹式呼吸

に分かれます。

 

胸式呼吸は例えば走って疲れたりすると肩で息をするという表現ありますね。

肩で息をしたり、肋骨を大きく動かして呼吸したりすることを言います。

腹式呼吸はお腹を膨らますようにして呼吸し、これはリラックス時にする呼吸です。

 

ここで、今の人たちは腹式呼吸が苦手のようで大体の方が普段でも胸式呼吸になってしまっています。

 

胸式呼吸を多くしてしまうと、肩が凝りやすかったり背中が固まって腰痛になったりと良いことが少ないです。

 

腹式呼吸を意識的にできるようになればこれは肩こり腰痛の解消に繋がるかもしれません!

 

 

1 / 3712345...102030...最後 »